育毛薬の種類とバリカンや海外まつげ医薬品

育毛薬とは医療機関で処方される、塗り薬や飲み薬のことを指します。有名な成分がフィナステリドとミノキシジルです。
フィナステリドは飲み薬として処方される育毛薬で、男性型脱毛症を引き起こす、男性ホルモンの発生を誘発する酵素を防ぐことで、発毛を促す作用があります。しかし、男性しか利用できないという条件を持っています。
プロペシアは性別に関係なく処方できる育毛薬です。ただし、女性の場合は効果がよくあらわれるため、男性よりも成分量を少なく制限されるという特徴を持っています。血管を拡張させる効果があり、毛に栄養素を届けて発毛を促します。塗り薬と飲み薬が存在します。
これらの育毛薬は、すべての人に効果があるとは限りません。男性なら薄毛を目立たなくするために、バリカンを使って坊主頭にしてしまうのも有効な手段です。バリカンを使えば、自分一人でも簡単に作業ができます。また、理容院に行くよりも、バリカンのほうが安上がりで自宅にいながらできるというメリットがあります。
坊主頭にすると薄毛が目立つような気がするでしょうが、全体の毛の黒さがなくなるため、薄毛の境目が目立たないという嬉しい効果が期待できます。有名人の中にも坊主頭の人は割と多くいますので、思い切って頭髪を短くしてみましょう。
女性の場合は、頭髪だけでなく、まつげが薄くなってしまうこともよくあるものです。おしゃれとしてマスカラやつけまつげなどのまつげメイクをよく行う女性は、毛が薄くなりやすい条件が整っています。
まつげに対する育毛薬というものが存在し、小さなブラシを使って薬剤を塗りつけることで、育毛効果を得ることができます。海外製の医薬品ですので、個人輸入などを利用して購入するようにします。