生え際の後退を防ぐために育毛薬のつけ方を学ぼう

生え際が後退してきた気がするので育毛薬を使用したが、効果がなかったという人はいるのではないでしょうか。しかし育毛薬には正しいつけ方があります。
まずはつけるタイミングですが、使用上の注意を良く見てみると、洗髪後に使用することを推奨している内容が書かれているのではないでしょうか。洗髪した湯上りの状態は、毛穴や頭皮の汚れが落とされて綺麗な状態になっているだけでなく、頭皮の血行も良くなっています。育毛薬はそのような状態の時に使用することで育毛や抜け毛予防に関する成分が浸透しやすく、頭頂部や生え際の後退を防ぐことを最も効果的に引き出すことが出来ると言われています。また多くつければ良い、というわけではなく、記された使用量でのつけ方で効果を引き出すことが出来、付け過ぎると毛穴に詰まり逆に抜け毛の原因になることもあるので使用量は守って下さい。次に育毛薬をつけたら頭皮全体をマッサージをするように頭皮に揉みこむことで頭皮の血行を良くし、更に浸透させます。ここで生え際が気になるからと言って一か所を重点的に、といったマッサージはやめましょう。
育毛薬を使うタイミングだけでなく、使う時間帯も効果的なつけ方に繋がります。ゴールデンタイム、という多くの成長ホルモンを分泌させる時間帯があります。これは午後10時から午前2時の間と言われており、この時間帯より前に育毛薬をつけておき、この時間以内に寝ることが重要です。自分の生活のリズムで寝不足にならないような時間なら午後10時以降に就寝しても問題はありません。しかし寝不足になると抜け毛の原因になるので気を付けましょう。
上記の内容で育毛薬を使用していても生え際の後退やつむじの薄毛に効果が無かったら、生活習慣や育毛薬の見直しをすることで改善するかもしれません。最後まで諦めず薄毛対策をとりましょう。